【まるで食べれるクレヨン?】新発売されたチョコがクレヨンにしか見えなかったw

生活

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

【まるで食べれるクレヨン?】新発売されたチョコがクレヨンにしか見えなかったw

choco-1

クレヨンで、できているようにしか見えない。

「食べられる画材」のような雰囲気を醸し出しているこちらは、メキシコの会社Unelefanteが発売しているチョコレート「UNELEFANTE」だ。これを作ったTatianaさんの、情熱的に生きることや自分自身に忠実でありつづけること、人生を変える可能性のあるリスクをとってみる、といったような考えを詰めた作品とのこと。1つ1つ手作業でペイントされているのだとか。ここまでカラフルだと、インドで行われる色粉を塗ったり投げたりするカラーフェスティバルや、野球場などで空に飛ばされるカラフルな風船を思い出して、なんだか愉快な気分になってくる! プレゼントしても自分で食べても、楽しい気分になりそうなデザインだ。

 

Unelefante-Chocilates-Gifts-Mexico-Design-5

Unelefante-Chocolate-Packaging-Mexico-10

choco-2

 

思わず食べるより飾っておきたくなるようなカラフルさですね。

参照元:KNSTRCT/COLOSSAL

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ