休日にはこれを読み聞かせろ!「ほのぼの」過ぎるヴェイダー卿の子育て絵本!

特集

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

休日にはこれを読み聞かせろ!「ほのぼの」過ぎるヴェイダー卿の子育て絵本!

もしもダース・ヴェーダーが育メンだったら!

「スター・ウォーズ」。
それはひとことで言うと、やさぐれたオヤジが、悪の道に堕ちたことに端を発する家庭崩壊のホームドラマである。
しかし「スター・ウォーズ」の物語において、スカイウォーカー家の「オウチの事情」は銀河全体に迷惑をかける規模の戦争の火種となった。

そんな「スター・ウォーズ」はアメリカの歴史に残るSFスペクタクル映画だ。
そしてアメリカ人は本来、家族を大切にする国民性だと聞いたことがある。

絵本『ダース・ヴェイダーとルーク(4才)』は、仮に銀河帝国の暗黒卿ダース・ヴェイダーがひとりの育メンとして子育てに励んでいたとしたら....というユニークな設定である。

ルーク

なんとルーカスフィルム公認。
全ページにわたりゆるく可愛いタッチのイラストで綴られた親子愛。
4才の無邪気な息子を温かく見守る父でありながら、冷酷な帝国の指揮官という立場の狭間で、子育てに苦悩する我等がヴェーター卿の姿が、ほのぼのと描かれている。

「スター・ウォーズ」を知らない子供たちには、間違いなく何のことやらわからないシチュレーションと台詞ばかりだが、「スター・ウォーズ」世代にとっては爆笑ネタのオンパレード。
読後には、少しばかりほっこりした気持ちになるオタクなオトナ向け絵本なのである。

しかし、忘れてはならない。スカイウォーカー家の子供は二人だったはずである。

 

もう一人のおてんば娘、レイアはどうなったんだ?

と、言うことで第2弾『ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア』

しかし、今度のヴェーダー卿の悩みは、前作の比ではない。
なぜなら絵本に登場するのは4才児ではなく思春期のおてんば娘なのである。
オヤジの言うことなど、聞かない。
オヤジが暗黒卿であれ聞かない。
そしてオヤジの目を盗んで、ハン・ソロみたいな不良とデートに行ってしまうのである。

レイア

 

頑張れパパ!!

「スター・ウォーズ」世代のパパやママ向けプレゼントにも、ぴったりのこのシリーズ。
子供中心の休日は、せめてこの絵本を読み聞かせよう!
みなさんの子育てが、フォースとともにあらんことを!!

ダース・ヴェイダーとルーク(4才)

ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ