2階建バスで東京を360度パノラマ観光「SKY HOP BUS」が熱い!

国内

 

NARIZONARIZO

2階建バスで東京を360度パノラマ観光「SKY HOP BUS」が熱い!

002

乗り降り自由の屋根なし2階建てバス「SKY HOP BUS」。

東京駅の丸の内三菱ビルから、毎日、乗り降り自由の屋根なし2階建てバスが運行しているのをご存知だろうか? それが「SKY HOP BUS」だ。

丸の内の三菱ビルを起点に、東京スカイツリー方面、お台場方面、六本木方面の3コースの観光地を約1時間に1本の間隔で定期運行している観光バスだ。

お値段2500円。24時間以内なら、便がある限り乗り放題。

 

003

前回の神田川・隅田川一周クルーズに引き続き、今回はこの「SKY HOP BUS」に全天球のパノラマカメラ「THETA」を持ち込んで、バーチャル東京名所ツアーへ皆さんをご案内しようと思う。

 

開放感がハンパない!

001

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

まず、この屋根なし2階建てバスは開放感のハンパなさにテンションがあがる。

高い視点から街を見下ろす感覚と、空までさえぎるものの無い広い視界。いつも見慣れた丸の内の風景が、全く違ったものに見えてくる。

 

テーマパークのアトラクション級のスリル

004

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

さらに、想像できないかもしれないがこのバスではテーマパークのアトラクション級のスリルを体験することが出来るのだ。

その瞬間は、JRや私鉄の高架下を通過するときやってくる。

ご覧の通り、立ち上がったら頭がぶつかるんじゃないかというくらい、ギリギリなのだ。

 

005

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

この調子で、高速道路にも乗っちゃう。

 

006

007

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

このスリルと興奮、風を切る気持ちよさは、写真だけでは伝わらない…。

ぜひ、実際に体験してみてほしい!

 

スカイツリーを見に行こう!

008

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

高速道路のパノラマ写真でもお分かりの通り、バスは一路、スカイツリーを目指して走る。途中で目を惹くのがアサヒビールの本社ビル。

あの金色の雲みたいな物体は「炎のオブジェ」なんだと、ガイドさんから説明されて初めて知った。

 

009

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

そしてスカイツリーに到着。何にさえぎられることも無く、634メートルの全てが視界に飛び込んでくるのは「SKY HOP BUS」ならではの体験だ。

浅草から上野、秋葉原を廻って、丸の内へ帰ってくるのが浅草・東京スカイツリーコース。

 

010

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

この日も、浅草寺の雷門は大賑わいだった。

 

 お台場コースでは、変わり行く東京のベイエリアを体感

012

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

レインボーブリッジを渡るお台場コースでは、海風を感じながら変わりゆく東京のベイエリアを再認識できる。

しかし、天気の良い日の屋根なし2階建てバスは直射日光がかなりきつい。これからの季節は、サングラスや日焼け対策をして楽しむことをお奨めしたい。

 

013

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

お台場最初の停留所は、フジテレビ。

この後は、ヴィーナスフォートや、ビッグサイト、豊洲のららぽーとなどを廻るので、途中下車してショッピングやランチなどを楽しむのも良いと思う。

活気に溢れるお台場と、築地市場の移転予定地や、オリンピック関連の開発が進む豊洲方面で風景がどんどん変わってくるのも面白い。

 

014

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

本来は跳ね橋だけど、もう上がることは無い勝どき橋を通って銀座方面へ。

 

015

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

 

016

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

銀座の停留所は歌舞伎座の前あたりにある。

銀座の交差点や数寄屋橋の交差点などを経て丸の内へ、街の風景がどんどん変わる新旧東京のベイエリアを堪能できるのがお台場コースの魅力だ。

 

017

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

 

020

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

 

オトナの街、赤坂・六本木

011

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

約2時間に1本しか出ていないのが、六本木方面のバス。

赤坂見附のホテルニューオータニや、東京ミッドタウン、六本木ヒルズ、東京タワーなどの停留所をまわって丸の内へ帰ってくるコースだ。

東京タワーの停留所では、お台場コースのバスとの乗り継ぎが可能だ。

ところで、こうして比べると、やっぱり俺が好きなのはスカイツリーよりも東京タワーなんだよなぁ…なんてことに気付かされる。

子供のころからの想い出も色々あるし、東京で生まれ育っていると、東京タワーとか、それが見える光景ってのは、何かやっぱり特別なのだ。

 

019

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

東京ミッドタウンの停留所は、芝生広場の向かい。今回は、ここでバスを降りることにする。

 

 東京に住んでいても、2階建てバスは楽しい!!

2階建てバスなんて、地方や海外から来た観光客向けのものだよね?

そんな風に思っている人は多いのかもしれないが、いつもとは違う視界から眺める東京の街の魅力が、新たな刺激や発見に溢れていそうなことが、今回の全天球パノラマ写真で少しは伝わっただろうか? これを観光客だけのものにしておくのは勿体無い。

むしろ、いつも通っている街だからこそ、余計に楽しめた気さえした「SKY HOP BUS」体験。

次の休みには、あえて2階建てバスに乗って、いつもの街に遊びに出かけてみてはいかがだろうか?

SKY BUS TOKYO

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

NARIZO

NARIZO

遊びと美味しい酒のために仕事をする、しがない企画屋。 エンタテインメント業界からIT業界までを渡り歩き、身体には熱いアルコール濃度の血がたぎる。 バーテンダーたちからは、「食べているときだけ大人しい人」と呼ばれる酔狂侍。 最大の弱点は雨の日と月曜日。 twitter

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ