【ゆでたまご1個約330円】江戸時代の物価が現代と差がありすぎてヤバい…

国内

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

【ゆでたまご1個約330円】江戸時代の物価が現代と差がありすぎてヤバい…

Digital Capture

江戸時代の物価がヤバイ…

日本刀は時代劇で絶対に見かける、江戸時代の必須アイテムと言っても過言ではないだろう。だから当時の日本刀はお手頃な価格だったのかな…と思ったらそんなことはない。現代の円に換算すると風呂に入るより、ゆでたまご一個買うほうが高かったりするのだ。現代価値観と江戸時代の価値観は全く違う。今回はその一部をご紹介しよう…。

※江戸時代の平均貨幣価値 ( 1文 = 16.5円 )で計算し、江戸時代の前・中・後期頃と平均貨幣価値の物価基準に基づいて換算しています。

 

風呂屋(大人1人)

風呂

江戸時代:8文

現代:約132円

 

床屋(髪結・散髪)

as

江戸時代:28文

現代:462円

 

浮世絵(1枚)

浮世絵

江戸時代:32文

現代:約528円

 

豆腐(1丁)

豆腐

江戸時代:50文

現代:約825円

※豆腐の大きさ今の4倍ほどあったらしい…

 

ゆでたまご(1個)

2236281747_e3a57595c0

江戸時代:20文

現代:約330円

※一個ですよ一個。一パックではござらぬ。

 

飛脚特急便(江戸~大阪=2~3日)

郵便

江戸時代:124文

現代:約2,046円

 

新刊本(1冊)

本

江戸時代:300文

現代:約4,950円

 

マグロ(1尾)

鮪

江戸時代:200文

現代:約3,300円 

 

初カツオ(1尾)

鰹

江戸時代:5,200文

現代:85,800円

※当時は痛みやすいマグロよりも、持ちの良いカツオが重宝されていたんだとか…

 

一般的な日本刀の値段(1本)

EPSON MFP image

江戸時代:25両

現代:約165万円

 

不倫の示談金

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

江戸時代:7両 2分

現代:約495,000円 

 

ん…? 不倫の示談金…?

「…そちも悪よのう」

 

参照元:哲学ニュース/Teio COLLECTION

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ