ポーカーはスキルのゲーム、それとも運のゲーム?

カードゲームは長い間プレイヤーたちを魅了してきましたが、カードデッキにおける不規則なパターンを予測できるようになったのは人類の歴史においてもつい最近のことです。マサチューセッツ工科大学(MIT)の謎のチームがブラックジャックでカードカウンティングを行って定期的にカジノを打ち負かし、数百万ドルを稼ぎ出したことでゲームの知名度は急激に高まりました。

彼らは「予測可能な偶然性」を活かしてこれを実現させました。これは、一組のトランプの山札からそれぞれのカードが出る確率はあらかじめ決まっているという原理を使ったものです。次にどのカードが出るか予測できれば、ゲームから運の要素を排除して定期的に勝つことができるわけです。

このこととポーカーに関連性はあるのでしょうか。答えはイエスです。そして、ポーカーが運のゲームなのかスキルのゲームなのかという問いに対する答えは「どちらでもある」となります。基本となる数学的根拠を考慮せずに運に任せてプレイすることもできますし、研究を積み重ねて予測不可能な部分を最小限に抑えることもできるからです。

ポーカーのこうした側面を知らなければ、運の要素が最も重要なゲームだと思い込んでしまうでしょう。ポーカーに運が絡むことは否定できませんが、多くの人はそれが理由で運のゲームだと誤解してしまっています。1つ目の論点が明確になったところで、なぜ一部の人々がポーカーは運よりもスキルが重要なゲームだと考えているのか、その理由を探っていきましょう。

2011年4月15日、UIGEAが理由で米国で一時的にポーカーが禁止され、法廷闘争が勃発しました。米国地方裁判所のジャック・ワインスタイン裁判官は米国対ディクリスティーナの裁判で、ポーカーはスキルのゲームであり、違法ギャンブル事業法(IGBA)には抵触しないと判決を下しました。

これは同国のポーカーロビー団体にとって大きな勝利でしたが、問題を完全に解決するには至りませんでした。なぜポーカーは運よりもスキルが重要なゲームなのか、その特徴についてよく理解する必要があります。

先程もご説明したように、ポーカーに関する知識を全く使わずにプレイすれば、純粋に運に任せてプレイしているということになります。

別の言い方をすると、相手はチェスをプレイしているのに、自分はダイスゲームをプレイしているようなものだということです。先程触れましたが、ポーカーの予測不可能性は予想できるものです。カードが場に出されるたびに、他のカードが出る可能性が限定されていきます。一般的にブラインドから最も遠いポジションのプレイヤーが有利なのはそのためで、彼らは自分の手番が回ってくるまでに対戦相手の手札に関する情報を集められるからなのです。

それでもまだ経験の浅いプレイヤーはポーカーを推測のゲームと主張するかもしれません。見方によってはそれも正しいでしょう。他方で、ポーカーを十分に理解している人は、実際の能力は今後のカードを予知することではなく予測することにあることを知っているのです。